コアスリマーHMB 成分

コアスリマーHMBの成分には何が使われている?

コアスリマーHMBの成分

コアスリマーHMBはとても評判がいいのですが、そんなに効果があると副作用がないか心配ですよね。成分には何が含まれているか心配な方も多いでしょう。そんな方のために、コアスリマーHMBには副作用がある成分が含まれていないかを調べてみました。コアスリマーHMBの成分をチェックして副作用がないかを確認してから使ってみたいですよね。

 

コアスリマーHMBの成分

コアスリマーHMBの成分をご紹介しましょう。

HMB

HMBはロイシンという必須アミノ酸の一種である成分を体内に取り込むことによって生成される成分です。トレーニングをする際の筋肉量をアップさせたり、キープする効果があります。厚生労働省もその効果を認めていて、高齢者のサルコベニアを予防したり改善するのにも有効です。筋肉量を増加させたい方、若々しい体型をキープしたい方に人気がある成分です。

 

コアスリマーHMBには2000ミリグラムのHMBが配合されていて女性向けのサプリの中で最大量が含まれています。

クレアチン

筋肉にもともと含まれている成分です。瞬発力、スピード、パワーを出す成分です。

EAA

必須アミノ酸の総称です。体内で十分な量を合成しにくく、サプリや食事で摂取しなければなりません。EAAは吸収スピードが早いので体内のアミノ酸濃度を上昇させるためにトレーニング時に摂取するとトレーニングの直後に起こる筋肉分解の動きを抑えることができます。筋肉をつけたい人におすすめします。

EMR

ポリフェノールの一種であり、酵素処理ルチンのことです。強い抗酸化作用があり、運動で発生した活性酸素を減少させる効果があります。

クエン酸

柑橘類や梅干に含まれる酸味成分です。疲労回復、血流改善、ミネラルの吸収促進、アンチエイジング効果、がん予防、美肌効果、痛風予防に効果があります。乳酸の働きを抑えて疲れにくくしてくれます。美肌効果は女性に嬉しい効果です。

BCAA

運動時にBCAAを摂取することで、エネルギーとして使われ、筋肉の分解を抑えることができます。疲れやすくなった方におすすめします。

L−アルギニン

アミノ酸の一種で、体内で合成されますが、加齢とともに体内で生産される量が減るのでサプリや食事で補給しましょう。成長ホルモンの合成促進、疲労回復、性機能改善、免疫力の向上、身長を伸ばすことが期待されている成分です。

オルニチン

成長ホルモンの分泌促進、筋肉の合成や運動による疲労の軽減、睡眠・目覚めを良くするなどの効果があります。タンパク質の合成を助け、筋肉が付きやすい体質に改善してくれます。

バイオペリン

ほかの栄養素と一緒に摂取するとより多くの成分を体内に吸収することができます。血行が良くなり、代謝がアップして、冷え性を改善してくれます。

 

他にも様々な成分が含まれています。

コアスリマーHMBには副作用はあるの?

コアスリマーHMBは成分を見ていただいても分かるように、医薬品ではなく、健康食品に分類されるものなので、副作用や危険性はありませんので安心して飲んでいただけます。

 

アレルギーが出やすい原材料も含まれていませんので食品アレルギーがある方も安心です。

 

>>コアスリマーHMBの最安値はコチラ